義歯・入れ歯

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

当医院では、保険の入れ歯も自費の入れ歯もできるだけ精密に歯の型を採り、患者さまに喜んでいただけるよう入れ歯作りを行っています。

自費の場合は使用する素材により費用が異なります。

患者さまのお悩みやご希望を正確にお聞きし、お口の状態をしっかり診断・診査した上で、お口に合う入れ歯をご提案していきます。

入れ歯の種類

総義歯(フルデンチャー)

総義歯(フルデンチャー)とは、全体の歯が抜けたり根っこしか残っていない状態で、全体を覆う義歯のことです。保険では、プラスチックで作製します。

保険外(自費)治療では、上顎部分に金属プレートを使用し、保険義歯に比べ、頑丈なのはもちろん、薄く、舌触わりも良く、熱も伝わり易いので食感も向上します。

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)

部分的に歯が連続して抜けてしまい、ブリッジが不可能な場合は部分入れ歯(パーシャルデンチャー)になります。
部分入れ歯には、固定する金属のない入れ歯、磁石で固定する入れ歯などの保険外(自費)のものもあります。

当院でご用意している入れ歯の素材

入れ歯は主に、次の3つの部品で構成されています。

  • 1. 粘膜に接する床の部分(素材にはレジン床・金属床などがあります)
  • 2. 人工歯(素材にはレジン歯、硬質レジン歯・陶歯などがあります)
  • 3. 入れ歯を残った歯にひっかけて固定するためのバネ(金属バネ・金属ではない見えにくいバネなど)

上記の素材を組み合わせることにより、安定性や耐久性に優れ、見た目も美しい入れ歯に仕上げることが可能です。

お口の状態や患者様のご希望により、どのような入れ歯が良いかをご提案いたします。

入れ歯メニュー

ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使用しない部分入れ歯です。

通常の部分入れ歯と比べて、見た目の美しさや機能性に優れています。

  • 1. 保険適用外の入れ歯です。
  • 2. 弾力性の高い材質と薄い仕上がりによって、快適に装着することができます。
  • 3. 入れ歯の色調が歯肉の色と同化するため、一目で区別できないほど自然な見た目になります。
  • 4. 金属のバネがないため、金属アレルギーの心配もありません。

コンフォート加工の入れ歯の特徴

コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンと呼ばれるクッション材で覆って加工する特殊技術です。

コンフォート加工を施した入れ歯はクッション性と密閉性が大幅に改善され、装着時の「痛い」「噛めない」「はずれやすい」といった従来の入れ歯の欠点を補うことができます。

新しく作製する入れ歯はもちろん、現在お使いの入れ歯に加工を施すこともが可能です。

入れ歯治療を受けた後の注意点

入れ歯は保険適用のもの、保険適用外のものに関わらず、作製後は積極的に使って身体に馴染ませていかなければなりません。

せっかく作製した入れ歯も、積極的に使用しなければいつまでもお口に合わず、食事をうまく取ることもできません。

入れ歯を自分の身体の一部分として使いこなしていくためにも、入れ歯作製後は早くお口に馴染むように積極的に入れ歯を使っていきましょう。

南成瀬歯科医院

所在地

〒194-0045
東京都町田市南成瀬1-6-10
042-720-0005

ご予約・お問合せ


診療時間

日祝

※休診日:日曜・祝日
月〜金の診療時間は9:00~13:00、14:30~19:00
(最終受付18:30)
土曜日の診療時間は9:00~13:00、14:30~17:00
(最終受付16:00)