南成瀬歯科医院 一般歯科

Service一般歯科

一般歯科とは、むし歯の治療や歯周病の治療のことです。
むし歯の治療は進行度によって変わってきます。初期の段階では、なるべく削らないように心がけていますが、むし歯が進行し歯の神経(歯髄)に達すると、長い治療時間を要します。また、歯周病は自覚症状がないまま進行するため、気が付いたら手遅れということもあります。そのためむし歯、歯周病の早期発見・早期治療をお勧めします。

むし歯の進行と治療

南成瀬歯科医院 むし歯の進行と治療
むし歯の治療には大きく分けて、つめる治療かぶせる治療とがあります。
小さいむし歯はつめる処置(CR/インレー)を行い、歯の中にある神経に達するような大きいむし歯はかぶせる処置(クラウン/ブリッジ)が一般的な治療法です。

むし歯の進行状態

むし歯の進行状態C1

第1段階(C1)

痛みはほとんどありませんが、エナメル質と呼ばれる歯の表面が少し黒くなります。自覚症状がほとんどありませんのでこの状態では、自分でむし歯を発見するのは難しいといえます。
むし歯の進行状態C2

第2段階(C2)

C2は表面だけでなく歯の中にまでむし歯が進行している状態です。症状は冷たいものがしみる程度で、この状態でしたら治療はおおよそ1、2回程度で終わることが多いです。
むし歯の進行状態C3

第3段階(C3)

C3は冷たいものだけでなく温かいものもしみます。この状態から「むし歯かな」と自覚する人が多いようです。また、見た目にもはっきりと歯に穴が開いていることがわかります。
むし歯の進行状態C4

第4段階(C4)

C4は歯の神経が死に、痛みそのものを感じなくなります。痛みが消えることで、むし歯に関心がなくなり放置する人もいますが、その間にもむし歯は着々と進行しています。激しい痛みと高熱が出ることもありますので早めに治療してください。

根管治療

根管治療
むし歯がC3(歯の神経まで侵入)まで進行してしまったら、歯の神経の腫れが神経を圧迫し、痛みは強烈です。
歯が浮いたり、噛み合わせることもできないほど頬が腫れてきたりします。こうなるともう歯の神経は救えません。しかし、歯そのものを抜く必要はまだありません。根管治療(死んだ歯の神経や汚れた歯の内側の壁をとる治療)をきちんと行えば歯を助けることができます。

根管治療は時間が掛かりますが、あなたの大切な歯を容易に抜かないためにも根気よく治療を受けてください。

治療の方法と期間

STEP1 根管治療
死んでしまった歯の神経や汚染された歯の内側の壁をとり歯根管の中の汚れた表面を削り、消毒します。(通院回数 2回~7回程度)
STEP2 根管充填
掃除、消毒された歯根管の中の空洞を封鎖して歯周組織への感染を防ぎ、歯の根の先端にできていた病気を治し、歯の機能を維持させます。(通院回数 1回程度)
STEP3 クラウン(冠)装着
まず、クラウンをかぶせるための土台作りをし、そこから装着します。(通院回数 3回程度)

歯周病の進行状態

健康な歯
歯周病は歯周病菌による感染症です。一般的にSRP(スケーリングルートプレーニング)などの外科的治療によって歯周病菌を削り取るなどの処置が行われます。症状によっては、薬剤(抗生剤)を使った内科的治療もあります。
歯肉炎

歯肉炎

歯周病菌が歯ぐきに付着し、歯ぐきに炎症を起こします。
  • 口臭
  • ネバネバ感
軽度の歯周病

軽度の歯周病

炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間に溝ができ、汚れが溜まりやすくなります。
  • 歯ぐきの赤み
  • 時々出血する
中度の歯周病

中度の歯周病

歯と歯ぐきの間に歯周ポケットができます。ここに歯周病菌がたまり、炎症がひどくなり、骨が溶けていきます。
  • 歯ぐきの炎症
  • 時々腫れる
  • 赤みの悪化
重度の歯周病

重度の歯周病

歯の周りに骨がなくなり、グラグラになり、抜かないといけなくなります。
  • 歯が揺れて痛くて噛めない
  • 歯ぐきがいつも腫れている

歯周病の予防

歯磨き

理想は何かを食べたら磨くことです。
歯ブラシだけでなく、フロス(糸)や歯間ブラシを用いるとより効果的です。歯ブラシ後の洗口剤の使用も効果的です。

生活習慣病の改善

生活習慣病は免疫力の低下を引き起こしますので、できるだけ改善することが望ましいです。

適切な食生活

偏食では歯肉の抵抗力が弱くなります。
きちんとした食生活を心掛けましょう。

禁煙

タバコによる着色によって汚れが付着しやすくなります。
また喫煙によって血管が収縮することによって免疫力の低下にもなります。
できるだけ禁煙することをお勧めします。

歯ぎしりや歯を食いしばることを防ぐ

歯ぎしりや歯を食いしばることによって歯を削ったり、ヒビが入ったりまわりの骨を溶かしたり、根を露出させたりします
ナイトガード(マウスピース)の使用や食いしばる習慣を止めるようにしましょう。
歯周病を悪化させるリスク因子でもあります。また、顎関節症や無呼吸症候群の原因にもなります。

定期検診と清掃

歯周病の進行度のチェック、歯に付着した着色や歯垢・歯石の除去を行います。
どんなに一生懸命磨いても100%磨くのは、我々歯科医療従事者でも難しいことです。定期的(2ヶ月~6ヶ月毎)に歯科医院でのお掃除をおすすめ致します。