南成瀬歯科医院 矯正歯科

Service矯正歯科

矯正治療は歯並び・噛み合わせが悪くてむし歯や歯周病になりやすかった歯を、正しい歯列に矯正することで健康にします。矯正治療を行うにあたっては、見た目を美しくするだけでなく、顎関節や筋肉、靭帯、歯周病、むし歯治療といったトータルでの治療が必須です。

矯正歯科の目的

  • 咀嚼(そしゃく)、発音などの機能をよくする
  • 歯を様々な口腔疾患から守る(歯周病、むし歯、口内炎、歯の破折、ひどい摩耗など)
  • 口元、顔立ちを美しく整える

子どもの矯正治療

南成瀬歯科医院 1期治療(骨格矯正) 4歳~11歳

小児矯正は1期治療と2期治療に分けることができ、1期治療は4~5歳の乳歯だけの時期から11歳くらいまでの永久歯と乳歯が混在している時期までの期間です。まだ小さく柔軟なお子さまのあごの成長を促進または抑制することによってバランスを整えることが目標です。1期治療ではあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています。

南成瀬歯科医院 2期治療(歯列矯正) 11・12歳~成人

2期治療は生えそろった永久歯全体の噛み合わせを整えるための治療です。2期治療はすべての永久歯の位置を整えるため本格的矯正装置による治療です。小児期に矯正治療を行うと顎の成長を助け、顔立ちや発音などに好影響を与えます。また、成人矯正に比べると治療期間が短くて済み、費用の面でも最小限に抑えることができます。

大人の矯正治療

最近では大人の方でも矯正治療を始められる方が増えています。矯正治療の技術が高くなり、歯を抜かないで治療できるケースも増えましたが、早期治療に比べて歯を抜く可能性は高くなります。しかし、歯ぐきがしっかりしており歯周病やむし歯に問題がなければ何歳からでも矯正治療は可能です。
※矯正治療はご紹介となります。